前へ
次へ

家庭の視点で見る医療についてよく考える

病気やけがというものはある程度家庭で何とかなるものですが、それは病院にいかず、市販薬を駆使して治療をするということを意味しています。
市販薬は病院に行くよりも手軽ではありますが、手軽というイメージとは裏腹にかなりの出費となっているものです。
保険が適用されないこと、そして家庭で素人が使ってもリスクが少ないという意味で効果が薄いという二つの理由で、医療として非効率なやり方といえます。
なので家庭でできることとできないことをしっかり把握し、効率の悪い高額な治療をしてしまわないように気を付けましょう。
医療機関に行くと診断をしてもらってから処置を受け、それから処方箋をもらうことになりますが、これはその印象と違ってかなり安いやり方です。
どの段階でもしっかりと保険が適用されることになるので、自宅で市販薬を使うよりも早く、そして安く治療を完了させることができます。
処方箋をもらうと薬局で非常に安い値段で効果の高い薬を変えるので、ドラッグスーパーなどでまとめ買いをする前にこういった事情を思い出すようにするとお得です。

Page Top