前へ
次へ

美容に着目した医療行為も存在する

水イボ処置を施す医療機関もあります。
鉗子による摘除もその1つ、液体窒素を用いれば、イボのみならず、うおの目やタコなどの処置も行えます。
医療機関でなら、その他にも皮膚科や外科処置も担ってくれます。
こうした行為は、患者さんの健康を守るため、回復させるために行われるため、病気でのみ受診する印象です。
しかし、美容外科クリニックやレディースクリニックなどもあります。
今や、美容脱毛も立派な医療行為に分類されていることを男性はご存知でしょうか。
いわゆるフラッシュ脱毛とは違うレーザー脱毛、男性には馴染みがあるニードル脱毛もこうした行為に該当しています。
エステティシャンによる施術は不可、必ず免許を持つ医師が施術を行うことが条件ですし、脱毛機の導入もサロンでは不可でクリニックでのみ導入できます。
イボやほくろを摘出する行為も、コンプレックスによる美容整形でも行われています。
液体窒素で傷跡も目立たせず、プチ整形としても人気を集めている行為です。
シミも同じく、レーザーにより内側からのメラニン色素にまで及んで一時的に火傷を起こし、肌の生まれ変わりを繰り返して薄くさせます。

Page Top