前へ
次へ

医療保険制度の整った日本の課題

日本では生まれてから死亡するまで、国民すべてが何らかの医療保険に加入する仕組みになっています。
おかげで病気や怪我をしても、安心して医者にかかることができるわけです。
日本人にとっては当たり前に見える制度ですが、世界的には必ずしもふつうのことではありません。
海外旅行中に盲腸で手術をしたら、数百万円も請求されたという話を聞くことがあります。
公的医療保険制度が整備されていない国では、ちょっとした病気でも巨額の自己負担を求められることが珍しくありません。
恵まれている日本の公的医療保険制度ですが、財政的には深刻なピンチに陥っていると言われています。
その主な理由は少子高齢化の進展にあります。
高齢者の医療費は急カーブを描いて増加の一途を辿っている一方で、保険料を負担する現役世代の数は減りつづけています。
このままでは制度自体が破綻することも考えられます。
これを防ぐには、すべての人が自らの体調に気を配り、病気の早期発見と健康維持に努めることが大切です。

Page Top