前へ
次へ

信頼性で医療機関を選ぶ理由とは

頼りにしたい医療機関の選定では、口コミやネット情報より、一度診察してもらうことしか方法はありません。
それは、病気の診断を人(医師)が行うからです。
話をよく聞いてくれる医師であるのか、まずはそこから始まります。
次に、慎重に身体所見をとってくれることに尽きます。
ここで頼りにできるポイントとなるのは、考えられるあらゆる病気を専門用語を避け、図解しながら説明してくれる医師であるのか否かです。
不明な点というのは専門用語で説明が難しくなるから、加えて身体の構造を私たち患者さんは余り詳しく知りません。
よく保健室にある人体模型でさえ、観察する人はいないはずです。
だからこそ、不明なことが出るのです。
もちろん、遠慮なく質問することは患者さんが持って良い権利です。
加えて、医療行為には検査も必要になります。
その理由をしっかり説明されないまま、同意書にサインを求められるのなら、次回からは別の医療機関にて再検査、治療を検討しましょう。
数多くの医療機関があり、それこそ大病院から診療所やクリニックまで、規模さえ異なります。
しかし、誰もが必ずお世話になる一生涯の付き合いになる施設です。
今だけの問題ではなく、自分以外に家族がいるのなら、皆が皆お世話になる施設、そうした可能性も出てきます。
イタズラに余計な時間をかけない、選択する私たちには迅速な診察を心がける医師の存在が必要になることさえあります。

Page Top